業績

口頭発表2018年

  1. 星絢子、永井展裕、西條早絢、大學玲子、梶弘和、西澤松彦、阿部俊明「インスリン徐放デバイスを投与した糖尿病モデル動物の網膜機能の解析」第122回日本眼科学会総会、大阪国際会議場(2018年4月19日~22日)
  2. Nobuhiro Nagai, Saaya Saijo, Yuanhui Song, Hirokazu Kaji, Matsuhiko Nishizawa, Toshiaki Abe “A Refillable Drug Delivery Device to the Retina” 2018 ARVO annual meeting, 5704-A0423, Honolulu, Hawaii (Apr 29 – May 3, 2018)
  3. 永井展裕「後眼部局所持続投与を指向した経強膜薬物徐放デバイスの開発」技術情報協会セミナー「後眼部疾患への治療を目的としたDDS技術の開発」(805014)、日幸五反田ビル技術情報協会セミナールーム(2018年5月29日)
  4. 永井展裕、大學玲子、寺田慧子、梶弘和、西澤松彦、中澤徹、阿部俊明「抗VEGF抗体徐放デバイスの経強膜投与による実験的脈絡膜新生血管抑制」第34回日本DDS学会学術集会、長崎ブリックホール(2018年6月21日~22日)
  5. 星絢子、永井展裕、西條早絢、大學玲子、 梶弘和、西澤松彦、阿部俊明「インスリン徐放デバイスによる糖尿病網膜症の抑制」第34回日本DDS学会学術集会、長崎ブリックホール(2018年6月21日~22日)☆第34回 日本DDS学会学術集会 優秀発表賞(口頭発表の部)受賞
  6. 伊藤峻、Chen Li-Jiun、永井展裕、西澤松彦、阿部俊明、梶弘和「マイクロ流路チップを用いた網膜疾患モデルの開発」第34回日本DDS学会学術集会、長崎ブリックホール(2018年6月21日~22日)
  7. 佐藤悠人、鈴木仁、永井展裕、西澤松彦、阿部俊明、梶弘和「展開制御可能な薬剤徐放シートの開発」第34回日本DDS学会学術集会、長崎ブリックホール(2018年6月21日~22日)
  8. 永井展裕、梶弘和、阿部俊明「拡張性のあるDrug delivery systemプラットフォームの開発とその応用」バイオジャパン2018、横浜パシフィコ(2018年10月10日~12日)
  9. 阿部俊明、梶弘和、後藤昌史、中澤徹「バイオ医薬品局所徐放のための展開型ナノシート創出技術開発」AMED成果報告会 革新的バイオ医薬品創出基盤技術開発事業、一橋大学一橋講堂(2018年10月18日)

口頭発表2017年

  1. 鈴木仁、永井展裕、西澤松彦、阿部俊明、梶弘和「細胞移植治療のための細胞・ナノ薄膜複合体の電気化学的マニピュレーション」第33回日本DDS学会学術集会、京都みやこめっせ(2017年7月6日~7日)
  2. 西條早絢、永井展裕、Song Yuanhui、梶弘和、西澤松彦、阿部俊明「再注入可能な持続性薬物徐放デバイスの開発と経強膜型網膜DDSへの応用」第39回日本バイオマテリアル学会大会、タワーホール船堀(2017年11月20日~21日)
  3. 星絢子、永井展裕、西條早絢、大學玲子、阿部俊明「インスリン徐放デバイスの開発と糖尿病網膜症治療への応用」第39回日本バイオマテリアル学会大会、タワーホール船堀(2017年11月20日~21日)
  4. 伊藤峻、Li-Jiun Chen、永井展裕、西澤松彦、阿部俊明、梶弘和「マイクロ流路チップを用いた脈絡膜毛細血管培養モデルの開発」第39回日本バイオマテリアル学会大会、タワーホール船堀(2017年11月20日~21日)
  5. 佐藤悠人、鈴木仁、永井展裕、西澤松彦、阿部俊明、梶弘和「低侵襲な体内送達を可能とする多層構造を利用した自己展開型薬剤徐放シートの開発」第39回日本バイオマテリアル学会大会、タワーホール船堀(2017年11月20日~21日)
  6. 鈴木仁、永井展裕、西澤松彦、阿部俊明、梶弘和「生分解性高分子を用いた細胞・ナノ薄膜複合体の電気化学的マニピュレーション」第39回日本バイオマテリアル学会大会、タワーホール船堀(2017年11月20日~21日)
  7. Toshiaki Abe, Aya Katsuyama, Shinji Yamada, Nobuhiro Nagai, Reiko Daigaku, Kenta Ishida, Yuki Katsukura “Non-histone nuclear protein play important roles for photoreceptor function and experimental choroidal neovascularization” 2017 ARVO annual meeting, 5228-B0115, Baltimore, Maryland (May 7-11, 2017)
  8. Nobuhiro Nagai, Zhaleh Kashikouli Nezhad, Saaya Saijo, Hirokazu Kaji, Matsuhiko Nishizawa, Toru Nakazawa, Toshiaki Abe “Biodegradable injectable sheet as transscleral drug delivery system” 2017 ARVO annual meeting, 4464-B0077, Baltimore, Maryland (May 7-11, 2017)
  9. 西條早絢、永井展裕、Song Yuanhui、阿部俊明「再注入可能な持続性薬物徐放デバイスおよび再充填用インジェクタブルゲルの開発」第16回日本再生医療学会総会、仙台国際センター(2017年3月7日~9日)
  10. 山田慎二、永井展裕、西條早絢、梶弘和、後藤昌史、阿部俊明「bFGF徐放カプセルデバイスによる皮下組織における血管新生誘導能の検討」第16回日本再生医療学会総会、仙台国際センター(2017年3月7日~9日)
  11. 西條早絢、永井展裕、梶弘和、阿部俊明「再注入可能および持続的なシクロスポリンA徐放カプセルの開発」第33回日本DDS学会学術集会、京都みやこめっせ(2017年7月6日~7日)
  12. 永井展裕、山田慎二、西條早絢、川崎淳一、梶弘和、中澤徹、西澤松彦、阿部俊明「ウノプロストン徐放デバイスのサル強膜上12箇月間留置における眼内動態と眼毒性評価」第33回日本DDS学会学術集会、京都みやこめっせ(2017年7月6日~7日)

口頭発表2016年

  1. 永井展裕、梶弘和、泉田泰子、山田慎二、中澤徹、西澤松彦、眞島行彦、阿部俊明「後眼部局所持続投与を指向した薬物徐放デバイスの開発」第32回日本DDS学会学術集会、グランシップ静岡(2016年6月30日~7月1日)
  2. 永井展裕、泉田泰子、梶弘和、勝山綾、中澤徹、近藤峰生、寺崎浩子、西澤松彦、山田慎二、眞島行彦、阿部俊明「網膜色素変性モデルウサギに対するウノプロストン徐放デバイスの網膜保護効果」第120回日本眼科学会総会、仙台国際センター(2016年4月7日~10日)
  3. Nobuhiro Nagai, Yasuko Izumida, Hirokazu Kaji, Matsuhiko Nishizawa, Aya Katsuyama, Shinji Yamada, Toru Nakazawa, Mineo Kondo, Hiroko Terasaki, Yukihiko Mashima, and Toshiaki Abe “Protective Effects of Sustained Unoprostone Release Device in Rhodopsin Pro347Leu Transgenic Rabbits” 2016 ARVO annual meeting, 4017-B0195, Seattle, Washington (May 1-5, 2016)
  4. Toshiaki Abe, Aya Katsuyama, Shinji Yamada, Yuki Katsukura, Zhaleh Kashkouli Nezhad, Nobuhiro Nagai“A non-histone nuclear protein enhances VEGF expression and choroidal neovascularization” 2016 ARVO annual meeting, 5793-A0244, Seattle, Washington (May 1-5, 2016)
  5. 永井展裕、泉田泰子、梶弘和、勝山綾、西澤松彦、山田慎二、眞島行彦、阿部俊明:「網膜色素変性症治療を目指した薬剤徐放デバイスの開発」第15回日本再生医療学会総会、大阪国際会議場(2016年3月17日~18日)

口頭発表2015年

  1. 永井展裕阿部俊明、梶弘和:「バイオ医薬品局所徐放のための展開型ナノシート創出技術開発」革新的バイオ医薬品創出基盤技術開発事業ワークショップ(2015年10月5日)
  2. 永井展裕、勝山綾、泉田泰子、小柳恵理、山田慎二、梶弘和、阿部俊明:「眼局所持続性抗がん剤徐放デバイスの開発」第37回日本バイオマテリアル学会、京都テルサ(2015年11月9日~11日)
  3. 山田慎二、永井展裕、勝山綾、泉田泰子、小柳恵理、梶弘和、後藤昌史、阿部俊明:「ミクロ細孔を有するタンパク質徐放デバイスに関する検討」第37回日本バイオマテリアル学会、京都テルサ(2015年11月9日~11日)
  4. Zhaleh K. Nezhad, T. Kondo, H. Kaji, N. Nagai, M. Nishizawa, T. Abe “Injectable nanosheets as promising drug delivery systems for retinal disorders” 第37回日本バイオマテリアル学会、京都テルサ(2015年11月9日~11日)
  5. Nobuhiro Nagai,Yasuko Izumida,Remi Motoyama,Eri Koyanagi,Aya Katsuyama,Shinji Yamada,Hirokazu Kaji,Matsuhiko Nishizawa,Toshiaki Abe ”Polymeric device based on UV-cured poly(ethyleneglycol) dimethacrylates for controlled intraocular drug delivery” Pacifichem 2015, Honolulu, Hawaii, USA (December 15-20, 2015)

口頭発表2014年

  1. 永井展裕、梶弘和、西澤松彦、中澤徹、眞島行彦、阿部俊明:「光硬化性樹脂を利用した網膜ドラッグデリバリーシステムの開発」第66回日本生物工学会大会、札幌コンベンションセンター(2014年9月9日~11日)
  2. 森好弘、藤枝俊宣、永井展裕、西澤松彦、阿部俊明、梶弘和:「ナノシートを用いる眼内への細胞送達システムの開発」第30回日本DDS学会学術集会、慶應義塾大学薬学部(2014年7月30日~31日)
  3. 永井展裕、梶弘和、岩田悟、泉田泰子、西澤松彦、眞島行彦、阿部俊明:「光硬化性PEGジメタクリレートで作成した網膜DDSの実用化に向けた開発と評価」第30回日本DDS学会学術集会、慶應義塾大学薬学部(2014年7月30日~31日)
  4. Nobuhiro Nagai, Hirokazu Kaji, Zhaleh Kashkouli Nezhad, Kaori Sampei, Satoru Iwata, Matsuhiko Nishizawa, Yukihiko Mashima, Toshiaki Abe “Controlled Transscleral Dual-drug Delivery by a Polymeric Device Reduces Light-induced Retinal Damage” 2014 ARVO annual meeting, Orlando, Florida (May 4-8, 2014)
  5. Zhaleh Kashkouli Nezhad, Nobuhiro Nagai, Kotaro Yamamoto, Hideyuki Saya, Toru Nakazawa, Toshiaki Abe “Protective effects of sustained clotrimazole release against light-induced retinal degeneration in rats” 2014 ARVO annual meeting, Orlando, Florida (May 4-8, 2014)
  6. Hirokazu Kaji, Toshinori Fujie, Nobuhiro Nagai, Toshiaki Abe “Local Delivery of an Engineered Epithelial Monolayer by Micropatterned Polymeric Nanosheets” 2014 ARVO annual meeting, Orlando, Florida (May 4-8, 2014)
  7. 永井展裕、梶弘和、西澤松彦、中澤徹、阿部俊明:「経強膜持続投与デバイスによる網膜保護の可能性」第118回日本眼科学会総会、東京国際フォーラム(2014年4月2日~6日)

口頭発表2013年

  1. Nobuhiro Nagai, Hirokazu Kaji, Hideyuki Onami, Takuya Yamada, Yuki Katsukura, Yumi Ishikawa, Matsuhiko Nishizawa, Yukihiko Mashima, Toshiaki Abe “Protective Effects of Transscleral Drug Delivery Device Against Photoreceptor Cell Death in S334ter Rhodopsin Mutant Rats” 2013 ARVO annual meeting, Seattle, Washington (May 5-9, 2013)
  2. 梶弘和、藤枝俊宣、伊藤俊太郎、森好弘、永井展裕、西澤松彦、阿部俊明:「眼科領域におけるマイクロ・ナノ技術応用」日本機械学会:第26回バイオエンジニアリング講演会、東北大学(2014年1月11日-12日)
  3. 梶弘和、藤枝俊宣、伊藤俊太郎、永井展裕、長峰邦明、西澤松彦、阿部俊明:「マイクロ流体デバイスを用いる眼底組織培養モデルの開発」日本動物実験代替法学会第26回大会、京都テルサ(2013年12月19日-21日)
  4. 森好弘、藤枝俊宣、永井展裕、西澤松彦、阿部俊明、梶弘和:「ナノシートを用いる細胞送達システムの開発」化学とマイクロ・ナノシステム学会第28回研究会、イーグレ姫路(2013年12月5日-6日)
  5. 綱嶋俊一,伊藤俊太郎,藤枝俊宣,永井展裕,西澤松彦,阿部俊明,梶弘和:「バルジ試験器機構を利用した上皮細胞への力学的負荷システムの開発」化学とマイクロ・ナノシステム学会第28回研究会、イーグレ姫路(2013年12月5日-6日)
  6. 梶弘和、藤枝俊宣、森好弘、永井展裕、西澤松彦、阿部俊明:「高分子ナノ薄膜を用いる細胞送達システムの開発」化学工学会細胞アッセイ研究会シンポジウム:細胞アッセイ技術の現状と将来、東京大学(2013年11月25日)
  7. 永井展裕、梶弘和、岩田悟、泉田泰子、西澤松彦、眞島行彦、阿部俊明:「経強膜ウノプロストン徐放デバイスの作製と網膜保護」第35回バイオマテリアル学会大会、タワーホール船堀(2013年11月25日-26日)
  8. 岩田悟、永井展裕、泉田泰子、梶弘和、西澤松彦、眞島行彦、阿部俊明:「光硬化性生体材料によるウノプロストン徐放デバイスの作製とIn vitro薬効評価」第35回バイオマテリアル学会大会、タワーホール船堀(2013年11月25日-26日)
  9. Zhaleh Kashkouli Nezhad、Nagai Nobuhiro、Yamamoto Kotaro、Saya Hideyuki、Kaji Hirokazu、Nishizawa Matsuhiko、Nakazawa Toru、Abe Toshiaki:「Protective effects of sustained clotrimazole release against light-induced retinal degeneration in rats」第35回バイオマテリアル学会大会、タワーホール船堀(2013年11月25日-26日)
  10. 伊藤俊太郎、綱島俊一、藤枝俊宣、永井展裕、長峰邦明、西澤松彦、阿部俊明、梶弘和:「眼底組織モデル構築に向けたマイクロ流路デバイスの開発」第35回バイオマテリアル学会大会、タワーホール船堀(2013年11月25日-26日)
  11. 森好弘、藤枝俊宣、永井展裕、西澤松彦、阿部俊明、梶弘和:「ナノシートを用いる細胞送達システムの開発」第35回バイオマテリアル学会大会、タワーホール船堀(2013年11月25日-26日)
  12. 伊藤俊太郎、綱嶋俊一、藤枝俊宣、永井展裕、長峯邦明、西澤松彦、阿部俊明、梶弘和:「バルジ試験機構を用いた網膜色素上皮細胞評価システムの構築」電気学会:バイオ・マイクロシステム研究会、東京大学(2013年10月8日)
  13. 森好弘、藤枝俊宣、永井展裕、西澤松彦、阿部俊明、梶弘和:「自己支持性ナノシートによる細胞輸送システムの開発」電気学会:バイオ・マイクロシステム研究会、東京大学(2013年10月8日)
  14. 永井展裕、梶弘和、小柳恵理、勝山綾、西澤松彦、眞島行彦、阿部俊明:「網膜変性モデル動物に対するウノプロストン徐放デバイスの網膜保護効果」第29回日本DDS学会学術集会、京都テルサ(2013年7月4日-5日)
  15. 梶弘和、森好弘、藤枝俊宣、永井展裕、西澤松彦、阿部俊明:「自己支持性ナノ薄膜を用いた細胞デリバリー療法の開発」第29回日本DDS学会学術集会、京都テルサ(2013年7月4日-5日)
  16. Zhaleh Kashkouli Nezhad、Nagai Nobuhiro、Yamamoto Kotaro、Saya Hideyuki、Kaji Hirokazu、Nishizawa Matsuhiko、Nakazawa Toru、Abe Toshiaki:「Protective effects of Clotrimazole against oxidative stress-induced cell death in RGC-5 cells and preparation of controlled release device」第29回日本DDS学会学術集会、京都テルサ(2013年7月4日-5日)
  17. 永井展裕、梶弘和、大浪英之、山田琢也、勝倉由樹、小柳恵理、西澤松彦、眞島行彦、中澤徹、阿部俊明:「ウノプロストン徐放デバイスの作製と網膜保護効果」第117回日本眼科学会総会、東京国際フォーラム(2013年4月4日-7日)

口頭発表2012年

  1. Kaji H, Nagai N, Yamada T, Nishizawa M, Abe T. “An implantable drug delivery device for treating retinal disorders” IEEE-EMBS Micro- and Nanoengineering in Medicine Conference, Hawai (Dec 3-7, 2012)
  2. Kaji H, Nagai N, Yamada T, Nishizawa M, Abe T. “A controlled-release capsule device for transscleral drug delivery to the retina” Proceedings of μTAS 2012 Conference, Okinawa, Japan (Oct 28-Nov 1, 2012)
  3. Kaji H, Ito S, Nagai N, Nagamine K, Nishizawa M, Abe T. “Development of a cell-based model of the retina within a microfluidic device” Symposium on New Technology for Cell-based Drug Assay, Tokyo, Japan (Dec 10, 2012)
  4. Abe T, Ishikawa Y, Onami H, Katsukura Y, Nagai N. “Intra-scleral transplantation of collagen sheet with cultured brain-derived neurotrophic factor expressing cells partially rescued the retina from the damage of acute high intraocular pressure” RD2012 XV International Symposium on Retinal Degeneration, Bad Gogging, Bavaria, Germany (July 16-21, 2012)
  5. Nagai N, Onami H, Kaji H, Yamada T, Katsukura Y, Sato M, Ishikawa Y, Nakazawa T, Nishizawa M, Abe T. “Protective Effects of Transscleral Drug Delivery Device Against Light-induced Retinal Damage in Rats” 2012 ARVO annual meeting, Fort Lauderdale, Florida (May 6-10, 2012)
  6. Onami H, Nagai N, Wakusawa R, Kaji H, Yamada T, Ishikawa Y, Nishizawa M, Sato Y, Nakazawa T, Abe T. “Suppression of Rat Choroidal Neovascularization by Transscleral Vasohibin-1 Delivery Device” 2012 ARVO annual meeting, Fort Lauderdale, Florida (May 6-10, 2012)
  7. 阿部俊明ら:「加齢黄斑変性の予防と治療」第4回 元気!健康!フェアinとうほく (2012年)
  8. 阿部俊明ら:「経強膜DDSと網膜保護」第7回感覚器シンポジウム「感覚器研究のフロンティア」 (2012年)
  9. 阿部俊明ら:「PASCALを用いた網膜光凝固後の重篤な將液性網膜剥離」第35回日本眼科手術学会 (2012年)
  10. 永井展裕:「薬剤徐放デバイスの作製と経強膜投与による網膜保護」第5回RRM(Retina Research Meeting)、東京医療センター(2012年12月8日)
  11. 永井展裕、大浪英之、梶弘和、山田琢也、勝倉由樹、小柳恵理、西澤松彦、阿部俊明:「経強膜マルチドラッグ徐放デバイスの作製と網膜保護効果の検討」日本バイオマテリアル学会シンポジウム2012、仙台国際センター(2012年11月26-27日)
  12. 伊藤俊太郎、永井展裕、長峰邦明、西澤松彦、阿部俊明、梶弘和:「マイクロ流路デバイスを用いる眼底組織培養モデルの開発」日本バイオマテリアル学会シンポジウム2012、仙台国際センター(2012年11月26-27日)
  13. 永井展裕、大浪英之、梶弘和、山田琢也、勝倉由樹、小柳恵理、西澤松彦、阿部俊明:「薬物徐放デバイスの作製と網膜光障害モデルに対する網膜保護効果の検討」第32回日本眼薬理学会学術集会、ピアザ淡海(2012年9月15日~16日)
  14. 永井展裕、大浪英之、梶弘和、山田琢也、勝倉由樹、小柳恵理、西澤松彦、阿部俊明:「網膜光障害モデルに対する経強膜DDSの網膜保護効果」第28回日本DDS学会学術集会、札幌コンベンションセンター(2012年7月4日~5日)
  15. 大浪英之、永井展裕、梶弘和、山田琢也、勝倉由樹、西澤松彦、中澤徹、阿部俊明:「プロテインドラッグ眼内徐放デバイスによる加齢黄斑変性治療の試み」第28回日本DDS学会学術集会、札幌コンベンションセンター(2012年7月4日~5日)
  16. 大浪英之、永井展裕、梶弘和、西澤松彦、涌沢亮介、佐藤靖史、中澤徹、阿部俊明:「分子徐放デバイス作製と網膜保護」第63回東北臨床超微形態懇話会、東北大学医学部(2012年6月28日)
  17. 永井展裕:「経強膜ドラッグデリバリーによる網膜保護の試み」2011年度視覚先端医療学講座報告会(2012年4月9日)
  18. 永井展裕、大浪英之、梶弘和、山田琢也、勝倉由樹、佐藤真智子、中澤徹、西澤松彦、阿部俊明:「網膜光障害モデルに対する経強膜ドラッグデリバリーデバイスの網膜保護効果」第16回日本眼科学会総会、東京国際フォーラム(2012年4月5日~8日)
  19. 大浪英之、永井展裕、梶弘和、西澤松彦、涌沢亮介、佐藤靖史、中澤徹、阿部俊明:「経強膜vasohibin徐放デバイスによるラット脈絡膜新生血管抑制」第16回日本眼科学会総会、東京国際フォーラム(2012年4月5日~8日)
  20. 大浪英之、永井展裕、梶弘和、西澤松彦、涌沢亮介、佐藤靖史、中澤徹、阿部俊明:「経強膜vasohibin徐放デバイスによるラット脈絡膜新生血管抑制」第7回Vasohibin研究会、東北大学加齢医学研究所(2012年2月20日)

口頭発表2011年

  1. Nagai N, Abe T. “Transscleral Sustained Drug Delivery by Novel Device” BIT’s 1st Annual Symposium of Drug Delivery System (SDDS-2011), Shenzhen, China (Nov 3-5, 2011)
  2. Nagai N, Kawashima T, Kaji H, Onami H, Kumasaka N, Nishizawa M, Abe T. “Evaluation of Ocular Tissue Distribution of Drugs Delivered Transsclerally From A Non-biodegradable Polymeric Capsule Device” 2011 ARVO annual meeting, Fort Lauderdale, Florida (May 1-5, 2011)
  3. Abe T, Onami H, Nagai N, Kumasaka N, Wakusawa R, Ishikawa Y, Machida S, Sonoda H, Sato Y. “Suppression of Choroidal Neovascularization By Vasohibin-1 in Monkey Eyes” 2011 ARVO annual meeting, Fort Lauderdale, Florida (May 1-5, 2011)
  4. Kumasaka N, Nagai N, Kawashima T, Kaji H, Onami H, Nishizawa M, Abe T. “A novel transscleral drug delivery system for retinal neuroprotection” International Conference of Biomaterials Science (ICBS) 2011, Japan (March 15-18, 2011)
  5. Kawaguchi Y, Kondo E, Kitamura N, Arakaki K, Tanaka Y, Nagai N, Yasuda K. “In vivo effects of isolated implantation of salmon-derived crosslinked atelocollagen sponge into an osteochondoral defect: Comparison with porcine atelocollagen sponges” 2011 Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society, Long Beach Convention Center, California (Jan 13-16, 2011)
  6. 阿部俊明ら:「東北大学病院における突発性傍中心窩毛細血管拡張症の特徴」第50回日本網膜硝子体学会 (2011年)
  7. 阿部俊明ら:「加齢黄斑変性の病態と治療」米沢市医師会学術講演会 (2011年)
  8. 阿部俊明ら:「突発性黄斑円孔に対する硝子体手術成績とトリアムシノロンアセトニドの影響」第65回日本臨床眼科学会 (2011年)
  9. 阿部俊明ら:「糖尿病網膜症における非侵襲的皮膚AGE測定の有用性」第65回日本臨床眼科学会 (2011年)
  10. 阿部俊明ら:「経強膜ドラッグデリバリーデバイスの開発」第65回日本臨床眼科学会 (2011年)
  11. 阿部俊明ら:「GGA徐放デバイスによる網膜保護」GGA研究会 (2011年)
  12. 阿部俊明ら:「黄斑円孔術後に発症した、近視性脈絡膜新生血管の一例」第14回東北黄斑研究会学術講演会 (2011年)
  13. 阿部俊明ら:「AMDとその類縁疾患の診断と治療」東北6大学眼科StepUpセミナー (2011年)
  14. 阿部俊明ら:「AMDならびにその関連疾患の診断と治療」仙台市眼科医会講演会 (2011年)
  15. 阿部俊明ら:「当院における増殖性糖尿病網膜症の悪化因子の検討」第115回日本眼科学会総会 (2011年)
  16. 阿部俊明ら: 「デキサメゾン含有γ-PGAナノ粒子を用いた網膜障害モデルの貪食細胞の抑制」第115回日本眼科学会総会 (2011年)
  17. 阿部俊明ら:「落下IOL、偏位IOLの小切開アプローチ」第182回宮城県眼科集談会 (2011年)
  18. 阿部俊明ら:「落下IOL、偏位IOLの小切開アプローチ」第182回宮城県眼科集談会 (2011年)
  19. 永井展裕、大浪英之、梶弘和、山田琢也、佐藤真智子、中澤徹、西澤松彦、阿部俊明:「網膜光障害モデルに対する経強膜DDSの網膜保護効果」第33回日本バイオマテリアル学会大会、京都テルサ(2011年11月21日~22日)
  20. 永井展裕、大浪英之、梶弘和、山田琢也、佐藤真智子、西澤松彦、阿部俊明:「網膜保護用のマルチドラッグデリバリーシステムの作製」第33回日本バイオマテリアル学会大会、京都テルサ(2011年11月21日~22日)
  21. 永井展裕:「経強膜ドラッグデリバリーシステムによる網膜保護」2011年度厚生労働省研究班キックオフミーティング、東北大学医学部(2011年8月25日)
  22. 永井展裕:「網膜光障害モデルに対する経強膜DDSの網膜保護効果」2010年度東北大学視覚先端医療学講座報告会、勝山館(2011年7月15日)
  23. 永井展裕、熊坂典浩、大浪英之、川島丈明、梶弘和、西澤松彦、阿部俊明:「経強膜ドラッグデリバリーシステムによる網膜神経保護の試み」第27回日本DDS学会学術集会、東京大学本郷キャンパス(2011年6月9日~10日)
  24. 永井展裕、川島丈明、梶弘和、熊坂典浩、大浪英之、西澤松彦、阿部俊明:「多剤動態制御性に優れたマルチドラッグデリバリーシステムの作製」第27回日本DDS学会学術集会、東京大学本郷キャンパス(2011年6月9日~10日)
  25. 永井展裕、川島丈明、梶弘和、熊坂典浩、大浪英之、西澤松彦、阿部俊明:「多剤動態制御性に優れたマルチドラッグデリバリーシステムの作製」第27回日本DDS学会学術集会、東京大学本郷キャンパス(2011年6月9日~10日)
  26. 大浪英之、永井展裕、熊坂典浩、涌沢亮介、阿部俊明:「サル脈絡膜新生血管モデルに対するvasohibinの抑制効果の検討」第6回Vasohibin研究会、東北大学加齢医学研究所(2011年3月1日)
  27. 熊坂典浩、永井展裕、川島丈明、梶弘和、大浪英之、西澤松彦、阿部俊明:「経強膜ドラッグデリバリーシステムの作製と眼内薬物移行性の評価」東北大学大学院医学系研究科第4回リトリート大学院生研究発表会、東北大学(2011年1月15日)
  28. 大浪英之、永井展裕、熊坂典浩、石川有美、佐藤靖史、阿部俊明:「マウス、サル脈絡膜新生血管モデルに対する血管増殖抑制因子vasohibinの抑制効果の検討」東北大学大学院医学系研究科第4回リトリート大学院生研究発表会、東北大学(2011年1月15日)